魅力ある薬剤師の仕事

MENU

魅力ある薬剤師の仕事

薬剤師になるには大変な労力が要ります。 6年生の大学を出て、国家資格を取得し晴れてつくことができる職業です。

 

生涯にわたり仕事に困ることがないと言う理由で目指す方も少なくはないと言われていますし、両親からの勧めでその道に進む方も多くいます。

 

また薬を扱う仕事柄、人の役に立てる職業でもあり人気の仕事の1つです。

 

就職転職と言う視点で考えても、薬剤師と言う仕事はメリットのとても大きい職種の1つであると思います。

 

特に出産や子育てなどライフステージの変化が大きい女性にとっては、キャリアを途中で変更することが比較的しやすく、たとえ中断されてしまったとしてもまた別の方法で再会できる可能性が多く残されている魅力的な仕事であると言えます。

 

具体的には、資格取得後は正社員として病院など大きな現場でバリバリと働き経験を積んでいた方が、結婚し出産することを機にキャリアを少し緩やかにチェンジしたいと思ったとすれば、その希望は叶いやすいかもしれません。

 

例えば、薬剤師の求人は実際に多く、薬局があれば必ず一定の人数の薬剤師を必要とするため言う資格であると言うことが大きな強みとなります。

 

緩やかな条件の求人であっても資格者を求める職場は多くあり、子育てに一定の時間を割きたいと考えている場合でも条件の交渉がしやすいかもしれません。

 

また一般的な職業であれば一度正社員を辞めキャリアダウンした後、なかなか大きな額を稼ぐ事は難しいですが薬剤師の場合は時給も平均よりもかなり高く、効率的にお金を稼ぐことができます。

 

また正社員への復帰等の可能性も視野に入れられる魅力的なキャリアだと思います。

 

>>薬剤師転職サイト信頼ベスト5社へ

 

働き方を選べる可能性が高い薬剤師という仕事

 

薬剤師になるには大変な労力が要ります。

 

6年生の大学を出て、国家資格を取得し晴れてつくことができる職業です。

 

生涯にわたり仕事に困ることがないと言う理由で目指す方も少なくはないと言われていますし、両親からの勧めでその道に進む方も多くいます。

 

また薬を扱う仕事柄、人の役に立てる職業でもあり人気の仕事の1つです。

 

就職転職と言う視点で考えても、薬剤師と言う仕事はメリットのとても大きい職種の1つであると思います。

 

特に出産や子育てなどライフステージの変化が大きい女性にとっては、キャリアを途中で変更することが比較的しやすく、たとえ中断されてしまったとしてもまた別の方法で再会できる可能性が多く残されている魅力的な仕事であると言えます。

 

具体的には、資格取得後は正社員として病院など大きな現場でバリバリと働き経験を積んでいた方が、結婚し出産することを機にキャリアを少し緩やかにチェンジしたいと思ったとすれば、その希望は叶いやすいかもしれません。

 

例えば、薬剤師の求人は実際に多く、薬局があれば必ず一定の人数の薬剤師を必要とするため言う資格であると言うことが大きな強みとなります。

 

緩やかな条件の求人であっても資格者を求める職場は多くあり、子育てに一定の時間を割きたいと考えている場合でも条件の交渉がしやすいかもしれません。

 

また一般的な職業であれば一度正社員を辞めキャリアダウンした後、なかなか大きな額を稼ぐ事は難しいですが薬剤師の場合は時給も平均よりもかなり高く、効率的にお金を稼ぐことができます。

 

また正社員への復帰等の可能性も視野に入れられる魅力的なキャリアだと思います。

 

友人の薬剤師の仕事

 

薬剤師のお仕事は資格が必要なので、大変です。

 

私の友人は薬剤師の仕事をしています。

 

薬剤師の仕事だは、薬を調合したりするのでとても大変です。

 

私の友人は現在は子育てのために休職中ですが、また子供が少し大きくなったら戻るそうです。

 

私は天職だと思います。子供が大きくなってからもできる仕事です。

 

友達は早く子供が大きくなって復帰したいと言っています。

 

彼女は小さい頃から頭が良く、小さい頃から薬剤師になりたいと言う夢を持っていました。

 

それが実現したのですから私はすごいことだと思います。

 

小さい頃からの夢を実現させると言う事は私はなかなかそれはできないことだと思います。

 

小さいから頃からの夢は誰でも持ってると思いますがやはり実現させることがなかなか難しいことだと思います。

 

それを勉強した結果、見事叶えられると言う事は私はそれは夢に向かって前進したことの表れではないかと思うのです。

 

私は彼女を尊敬しています。なかなかできないことです。私には出来ないことです。

 

私は、根性がないので難しいと思います。彼女だからできたと思いますし、彼女でないとできなかったと思います。

 

今は、新薬もできて大変患者さんの負担が少なくなってきたそうです。

 

だからとても安く薬が手に入ると言うことで、患者さんの負担も少なくなってよかったと思いました。お薬はやりやすい方が患者様にとって助かります。

 

私たちにとって薬が高いのはとても大変な事です。改めてそのことを実感しました。

 

薬剤師にしかできない仕事

薬剤師にしかできない仕事についてですが、調剤を行うことが許されているのは、原則として薬剤師だけです。

 

薬剤師は、あらゆる薬をとりあつかうことができます。

 

病院などでは、看護師が注射薬などをあつかうことがありますが、医師の指示のもとに診療の補助として行っています。

 

看護師が調剤をすることはできません。

 

薬の処方と調剤を、医師と薬局の薬剤師がそれぞれ分担して行うことを、医業分業といいます。

 

医業分業には、処方せんの内容を二重に確認することでミスを防ぐことができたり、患者さん自身が出された処方箋の内容を知ることができます。

 

薬は人体に大きな影響を与え、調剤にミスがあれば、命の危険を招くことさえありえます。

 

そのため、薬剤師には正確に仕事をする集中力、仕事に対する責任感が必用になります。

 

病院や薬局での仕事は、薬についてわかりやすく説明したり、会話を通して患者さんから情報を引き出したりする必要があります。

 

よって、人とのコミニュケーション能力も必要不可欠です。

 

薬剤師の役職として、従業員の監督や医薬品の管理などを行う管理薬剤師があります。

 

管理薬剤師には、薬剤師であれば特別な資格がなくてもなれます。

 

ですが、実際には3年以上の経験を求められることが多いようです。

 

管理薬剤師としての経験を積んだあと、自ら薬局を開業する人もいます。

 

病院の場合は、後輩の薬剤師を指導する立場になったり、将来的には主任などの役職に就く人もいます。